このツールで、想像を超えた世界に進もう

すばらしい 8 つのプラグインを活用して、創造性を解き放ちましょう。インスピレーションを掻き立てる事例をご覧ください。

インスピレーション

ポートレート

滑らかな肌、エネルギーに溢れた目、あらゆる要素に凝縮された感情。 Nik Collection 5 には、ポートレート写真を想像力に合わせて編集するために必要なあらゆるツールが揃っています。

このポートレート写真の覆い焼きには、Nik Viveza を使用。特徴を和らげて滑らかな仕上がりにする前に、ドラマチックなタッチを追加しました。

まったく異なる感情を引き出すためには Nik Silver Efex を使用。このポートレート写真にクラシックな写真品質をプラスしました。わずかにセピアのトーンを追加して、 時代を超えた感覚を作り出しています。

inspi_portrait_01@2x.jpginspi_portrait_02@2x.jpg
slideshow_cyclist_1@2x.jpg slideshow_cyclist_2@2x.jpg slideshow_cyclist_3@2x.jpg
slideshow_cyclist_1@2x.jpg
slideshow_cyclist_2@2x.jpg
slideshow_cyclist_3@2x.jpg

ライフスタイル

オリジナルの写真では、黒い T シャツを着て自転車に乗ったこの男性の写真は明るく、エネルギー感に溢れていましたが、Nik Analog Efex のプリセットを使ってわずかに都会的な感じを後からプラスしています。

また、プラグインをもう一度使ってこのスナップショットをまったく別のスタイルにし、ブラーと湿板フィルターを使ってヴィンテージ感と遊び心のある雰囲気を作り出しています。

before-after_horses_1@2x.jpgbefore-after_horses_2@2x.jpg

野生生物

このようなアクションを目の前で見れば、体験したそのままを伝えたいと思うでしょう。Adobe Photoshop® で微細な変更を加えた後で、このフォトグラファーは Nik Color Efex を使って午後遅くの太陽の温かさを伝えようとしています。編集でシーンに輝きが加えられ、光を捉えた馬のたてがみには艶感を与えています。

このエネルギーに加え、水滴がさらなるコントラストを引き出し、馬の群れが向かってくる混沌と水しぶきの音で魔法がかかったかのようです。

ストリート

ストリート写真では、よくハイコントラストのモノクロが使われます。特に太陽が低い時には、多くのドラマチックなシャドウやすばらしいハイライトを作り出します。

このクリーンではっきりした画像では、Nik Silver Efex を使い、シャドウを深めてジオメトリを最大限に活かす前に、クラシックなフィルムの粒状感のテクスチャを再現しています。

そうすることによって、このストリートシーンが暗室で現像された写真かのような印象を与えています。

before-after_inspi_stree_02@2x.jpgbefore-after_inspi_stree_01@2x.jpg
landscape_uc_3@2x.png landscape_uc_2@2x.png landscape_uc_1@2x.png
landscape_uc_3@2x.png
landscape_uc_2@2x.png
landscape_uc_1@2x.png

風景

Photoshop で多少の編集をした後、フォトグラファーはグリーンランドの海の真夜中の日没に照らされながら氷山の間を航海する感覚を伝えるために、Nik Color Efex を使用しました。

「トーナルコントラスト」と「輝度 / 色温度」フィルターを使い、微細な変更を追加。温かみを捉え、中間トーンに輝きを追加してカラーを引き出し、空の青と海の青、帆の赤、光のかすんだピンクの間で、豊かなコントラストを生み出しています

3 枚目の画像では、Nik Color Efex の新しい ClearView スライダーで霧をどのように削除して、さらなるディテールを引き出せるかがわかります。

静物

非常に浅い被写界深度を使うと、注意の散乱を避け、見ている人の注目を引きつけることができます。この画像では、Nik Perspective Efex を使用して写真の前面でブドウを強調しています。また、この画像は雑誌に掲載されるため、文章やその他のグラフィックのスペースが作られています。

最終ステップでは、印刷に向けた準備をする必要があります。Nik Sharpener を使って追加のシャープさが付け加えられていますが、プラグインの U Point™ テクノロジーを活用して、効果は対象箇所だけに適用されています。カットされたイチジクのディテールがさらに引き出され、まるでページから飛び出してくるかのようです。

inspi-before-after-still_01@2x.jpginspi-before-after-still_02@2x.jpg
inspi_events_01@2x.jpginspi_events_02@2x.jpg

イベント

この画像にはあまり手を加える必要はないかもしれませんが、Nik Color Efex を使用して活き活きとした感じを加え、競合する色のまとまりを出しています。フォトグラファーは「ブリーチバイパス」と 「クロスバランス」フィルターを微細に適用して、求めていた感情と強さを表現し、「グラデーション減光」フィルターで上半分と下半分の明るさをさらに引き出しています。

ゴールデンアワーに飛び跳ねるカップルを撮影するには、ISO 2000 という比較的高い感度を使う必要があります。編集の最後には、風船のきれいなテクスチャを損ねていたわずかなデジタルノイズの低減に、Nik Dfine を使用しました。

inspi_family_01@2x.jpginspi_family_02@2x.jpg

家族

Nik Silver Efex なら、グレイン、濃いシャドウ、明るいハイライトを使って、シンプルな家族写真を一番身近な人達の本当の特徴を捉えた画像にすることができます。

Polaroid 社は人びとに愛されていた 667 モノクロフィルムの製造を 10 年以上前に中止しましたが、このフィルムは Nik Silver Efex で生き続けています。低光量とソフトレンズが効果に追加され、この写真にさらなる雰囲気が付け加えられています。

ファインアート

Nik HDR Efex は単に画像を結合するだけでなく、高ダイナミックレンジのシーンを生み出します。この例では、日中のシーンを夜に変え、日没の太陽が、パリ中心部で連なる屋根に沈む、光輝く巨大な月のような印象を作り出しています。

Nik HDR Efex のフィルターの中でも、現実的なモノクロが使用され、ワンクリックでこの劇的な変化を実現しています。その後でスライダーを使って微調整し、適切なバランスで結合することができます

inspi_fineart_01@2x.jpginspi_fineart_02@2x.jpg
inspi_blackwhite_01@2x.jpg inspi_blackwhite_02@2x.jpg inspi_blackwhite_03@2x.jpg
inspi_blackwhite_01@2x.jpg
inspi_blackwhite_02@2x.jpg
inspi_blackwhite_03@2x.jpg

モノクロ

この画像では天候が大きなインパクトを与えており、雲のディテールをさらに引き出すために、Nik Silver Efex の新しい ClearView スライダーを使ってコントラストを強調し、ムードを作り出しています。また、霧のために背景の景色で失われていた鮮明さをわずかに引き出しています。その後、高 ISO で撮影した場合の特徴である、強いグレインが加えられています。

また、Nik Analog Efex のフィルターを使ってオプションの編集も加えて、20 世紀初期の冒険家のアルバムで見られた写真のような感じを出し、登山の豊かな歴史を思い起こさせます

トラベル

ブルーアワーのこの砂漠の写真には、モノクロ写真のドラマチックな感じが表れています。フォトグラファーは、ラクダの独特な体形を活かすために、Nik Silver Efex を使って大胆なシルエットの粒状感のあるシーンを作り出しました

その後、Nik Viveza でホワイトバランスを調整して温かみを与え、まったく異なる感覚を生み出しました。さらに、コントロールポイントを使って地平線のオレンジ色の輝きを強調し、砂丘の輪郭を浮きだたせています。

inspi_travel_01@2x.jpg inspi_travel_02@2x.jpg inspi_travel_03@2x.jpg
inspi_travel_01@2x.jpg
inspi_travel_02@2x.jpg
inspi_travel_03@2x.jpg
inspi_archi_01@2x.jpginspi_archi_02@2x.jpg

建築物

モノクロの建築物の写真では、ジオメトリと光の追求が課題になることがよくあります。フォトグラファーは Nik Silver と Nik Perspective Efex の両方を使い、トーン、テクスチャ、力強いラインを訴えています

まず、レンズの光学ディストーションが、Nik Perspective Efex の DxO 光学モジュールで自動的に補正されます。次に、主な編集として、広角レンズで低いポジションから撮影したために発生した崩れた垂直ラインが、プラグインのキーストーンツールで補正されます。これで建物はまっすぐになり、より安定した印象に残るシーンが生み出されます。