長時間露光の海の風景写真に Nik Collection by DxO を使う、プロの方法

(英語 )

 

司会者:Francesco Gola

8月6日

DxO アンバサダーのフランチェスコ・ゴラが、Nik Collection by DxOを使って海の風景写真を強調し、美しい結果を得る方法をご紹介します。 

このセッションでは、以下をご説明します。
長時間露光の海の風景写真の撮影の基礎
フランチェスコ・ゴラが写真の全体的な補正に DxO PhotoLab 3 を使い始めた理由
• Viveza Color Efex Pro を使って部分調整を行い、海の風景写真を強調する際のアドバイス
• Dfine 2 Sharpener Pro 3 の機能を活用して、写真を完成させる方法

DxO アンバサダーのフランチェスコ・ゴラについて: 
フランチェスコ・ゴラは、写真に恋をしたエンジニアです。1981 年にイタリアで生まれた彼は、写真を撮り始めるとすぐに、海の風景の長時間露光に恋をします。彼にとって長時間露光は、熱狂的な現代生活から逃げ出すための別世界なのです。海と旅へ情熱を注ぐフランチェスコ・ガロは、地球上の最もアイコニックな場所を訪れ、それらの場所を違う目線で捉えています。ウィリアム・ターナーやイヴァン・コンスタンチノヴィチ・アイヴァゾフスキーなどのロマン主義の画家、スティーブ・マッカリーやセバスチャン・サルガドなどの巨匠フォトグラファーにインスピレーションを受けたフランチェスコは、自然と特別な感情的つながりを作り上げ、海の風景写真でそのつながりを表現しています。フランチェスコ・ゴラは現在ミラノで暮らし、写真を教えています。また、彼は企業、Web サイトや雑誌と協力して、イタリアや世界中で写真文化を配信しています。http://www.francescogola.net/