U PointTM Technology

これまでのデジタル写真の部分補正には、複雑なマスクやレイヤーを使い、魔法の 杖、投げ縄やフリーハンドで形を描く、特別なツールを使いこなす難しいスキルが必 要でした。面倒で時間のかかるこのような方法では正確性にも欠けていましたが、今 ではより簡単な方法を使うことができます。

2000 年代初めに、Nils Kokemohr (Nik Softwareの創業者兼 CTO) は特別な編集ツールや高度な編集スキルがなくても画像特定のエリアを選択してマスクを適用できる、シンプルながらも画期的な方法を考案しました。この方法は、 U Point テクノロジーとして有名になります。

U Point テクノロジーは、シンプルで効率的にデジタル画像の一部をシームレスに選択できる機能が評価され、長年にわたり数多くの賞を受賞しました。その後、DxO が 2017 年に Google 社から Nik Collection を取得。ソフトウェアエンジニアチームが徹底的に見直して磨きをかけた U Point テクノロジーは、常に簡単に使用できる、さらにパワフルなツールへとパワーアップしました。

Analog Efex Pro
U Point Technology

機能の仕組み

U Point とは「You Point」を意味し、ユーザーが変更したい写真の領域をクリックすることで機能します。クリックすることで、サイズを調整可能なコントロールポイントが設定され、オリジナルのコントロールポイント下のピクセルに類似した、その領域内のピクセルに変更を適用することができます。

コントロールポイントの周りにあらゆるサイズの円形を作成でき、変更が適用される領域が表示されます。変更は、輝度、コントラスト、彩度、ストラクチャなどの属性に適用できます。円内のピクセルは、コントロールポイント下のピクセルのカラーチャネル、色相、彩度、輝度レベルがマッチする場合だけに変更されます。

U Point テクノロジーのメリットは、そのシンプルな使いやすさと、写真内に無制限にポイントを作成できることです。U Point テクノロジーは正確な選択をするために理想的なツールであり、コントロールポイントにぴったり合うピクセルだけが含まれます。

このテクノロジーは完全な円形でない領域の選択にも最適で、一部シャドウがかかった領域にも適用できます。

Nik Collection 3 のすべてのプラグイン (Perspective Efex を除く DNA にあるのは U Point テクノロジー。重要な調整を必要な場所に正確に適用します。

U Point HDR
U Point Technology
NIK COLLECTION 3 BY DxO
約 200 の高品質のクリエイティブ効果を利用できるパワフルな 8 つのプラグインスイートです。ワンクリックで使える革新的な画像編集ツールに加え、非破壊フローの編集で包括的なコントロールを保つことができます。
永久ライセンス(サブスクリプションなし)

8 つのプラグインを含む

サポート製品:
logos nik collection compatibility