伝説のカラーフィルムが復活


カラーフィルム写真の黄金時代を再現。

Kodachrome 64の美しくパンチのきいたカラーや Fuji Velvia の彩度が素晴らしい豪華なカラー。暗室で薬品の匂いを嗅がなくても、このような刺激的なエマルジョンを実現することができます。

Kodak Kodachrome 64

Kodak Kodachrome 64 カラースライドフィルムは、当時、特にフォトジャーナリストの間で最も人気があったスライドフィルムです。Kodachrome の最後のフィルムは National Geographic のフォトグラファー、スティーブ・マッカリーにより撮影されました。このフィルムで何千枚もの写真を撮影したマッカリーは、このフィルムを「これまでに製造された中で、おそらく最高のフィルム」と称えています。Kodachrome 64 の微粒子は、豊かで鮮やかな自然の色を実現することができ、日光の条件でベストな結果を残していました。

Kodak Portra 160 VC

Kodak Portra 160 VC ネガフィルムはすべてのスペクトルで鮮やかなカラーを実現し、旅行、ファッション、ポートレート、マクロフォトグラフィーに理想的なフィルムでした。エマルジョンは中度のコントラストの微粒子で、レッドとブラウンの落ち着いた色を実現します。日光やフラッシュを使った撮影でベストな結果を残していました。ISO 160 のこのプロ向けフィルムは36枚撮りで、Kodak Ektacolor フィルムの後継フィルムでした。

Fuji Velvia 100

Fujichrome Velvia 100 はプロ品質のリバーサルフィルムで、日光の条件に最適です。超微粒子のこのフィルムは超極彩度で、高画質を実現できます。Fujichrome Velvia 100 では新世代のシアン、イエロー、マゼンタのカプラーを使用しているため、このような超極彩度の豊かな結果を実現できます。このフィルムスピードと彩度は、風景写真やネイチャー写真に最適です。

アイコニックなフィルム 5 種類を新たに追加

Nik Collection 3 に新しく 5 種類のカラーフィルムシミュレーションが追加されました。これには、Agfa Precisa 100、Fuji FP100C、Fuji Instax、Fuji Provia 400X、Lomo RedScale 100の最もアイコニックなフィルムが含まれます。

Agfa Precisa 100

この ISO 100 リバーサルフィルムは微粒子で、比較的ニュートラルな仕上がりとピュアなカラーを実現します。Agfachrome 100 シリーズの中でも、Precisa フィルムはニュアンスと繊細さ、粒子の滑らかなエッジが評価されていました。

Fuji FP100C

この ISO 100 のインスタントフィルムでは、8×10 cm サイズのインスタント写真を実現できます。このフィルムは多様な Polaroid 標準カメラをサポートしています。オランダにあるかつての Polaroid 工場の新オーナーが発売した Impossible Project エマルジョンよりもカラーが間違いなく優れており、Polaroid ブランドフィルムの理想的な代替フィルムです。

Fuji Instax

Polaroid 社の終焉により、インスタント写真の冒険はついに終了したかのように思われましたが、その後富士フィルムの素晴らしい Instax システムが登場します。ISO 感度 800の Instax 120 はカラーバランスが整っており、トーンレンジは Polaroid フィルムより優れています。この超微粒子のフィルムでは、ディテールを再現できる精度の高い写真を撮影できます。

Fuji Provia 400X

Provia 400x は、この感度のリバーサルフィルムの限られた粒子でも、明るさと彩度を実現します。このフィルムは高速シャッタースピードが求められる報道写真やスポーツ写真を主な対象としています。高シャッタースピードで明るいカラーを再現できる、唯一のスライドフィルムです。

Lomography RedScale 100

非常にクリエイティブな ISO 100 のこのフィルムは、カラースペクトラムのイエローとレッドスケールの傾向が強い人工カラーを実現できます。オレンジが強いのは、ネガフィルムが誤ったサイドに露光されたためです。同じ効果は、レギュラーフィルムをフィルムスプールで間違った向きで巻き上げた場合にも実現できます。

素晴らしい38種類のフィルムをすぐにご利用いただけます。

フィルタライブラリ → フィルム → フィルム効果: モダン 有名フィルム

Nik Collection 2.5 伝説のカラーフィルムが復活
Nik Collection 2.5 伝説のカラーフィルムが復活

1867年にドイツで創業

Agfa 社は染料メーカーとしてスタートしました。その後すぐに写真分野に裾野を広げ、数々のイノベーションにより Agfa ブランドは世界的な評価を獲得しました。最初のオートクロームを開発した後、Agfa 社は 1936 年に Agfacolor ブランドで初の現代カラーフィルムを発売します。Agfa 社は 1964 年にベルギーの印画紙メーカー Geveart 社と合併しますが、2005 年にはフィルム生産からついに撤退してしまいます。Agfa の APX シリーズのフィルムは、モノクロフィルム業界に影響を与え続けていました。
Nik Collection 2.5 伝説のカラーフィルムが復活

1992年にオーストリアで創業

Lomography は Lomographic Society International が所有するブランドです。1980 年代に人気があったロシア製カメラの Lomo LC-A を発見した学生グループが創業した同社は、「Lomography」と呼ばれる写真ムーブメントの火付け役となりました。この種類のクリエイティブフォトグラフィーには、遊び心があるカメラやビンテージのアナログカメラと、ランダムな要素をベースにした撮影技術が組み合わされています。Lomography のフィルムレンジには、型破りな化学式で作られたフォーマット、ディープなシャドウや独自のカラーを作成するために設計されたエマルジョンが含まれます。
Nik Collection 2.5 伝説のカラーフィルムが復活

1934年に日本で創業

富士フィルムの名前は、日本の最高峰富士山に由来しています。富士フィルムは元々、写真フィルムの製造に特化していました。写真および医療画像業界に多彩な機材を販売した後、1940 年代末に最初のカラーリバーサルフィルムを製造します。富士フィルムは 1976 年に初の高感度カラーネガフィルム Fujicolor F-II ISO 400、1984年には初の ISO 1600 リバーサルフィルムを発売します。富士フィルムは 2019 年初期にモノクロフィルムの製造再開を発表しました。製造は Neopan 100 Acros II から再開されます。
Nik Collection 2.5 伝説のカラーフィルムが復活

1888 年にニューヨークで創業

Eastman Kodak Company 社は、ジョージ・イーストマンにより創業されました。世界初の写真フィルムおよびカメラメーカーとして 20 世紀の間発展しますが、その後倒産してしまいます。Kodachrome 64 の最後のフィルムは、このフィルムタイプを 30 年に渡って使用していたスティーブ・マッカリーにより撮影されました。その他にもセバスチャン・サルガド、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ドン・マッカラン、アルフレッド・アイゼンスタット、アーヴィング・ペンなどの象徴的なフォトグラファーが Kodak 社の Tri-X フィルムをモノクロ写真に使い、世界の出来事を記録していました。現在でも、KODAK 社は人気の高いフィルムや特殊なフィルム、印画紙などを生産しています。

Nik Collection 3 は Affinity 1.8 をサポートするようになりました。

Nik Collection 2.5 伝説のカラーフィルムが復活
Nik Collection 2.5 伝説のカラーフィルムが復活
NIK COLLECTION 3 BY DxO
約 200 の高品質のクリエイティブ効果を利用できるパワフルな 8 つのプラグインスイートです。ワンクリックで使える革新的な画像編集ツールに加え、非破壊フローの編集で包括的なコントロールを保つことができます。
永久ライセンス(サブスクリプションなし)

8 つのプラグインを含む

サポート製品:
logos nik collection compatibility